あがり症克服

あがり症を抑える

 

一般的にあがり症を抑える方法の代表的なものとして

 

深呼吸があげられます。

 

ただ、深呼吸といっても息を吐いたり・吸ったりなど普段のように

 

行っていても、あまりあがり症を抑える方法として効果を発揮してくれません。

 

その為、意識的に深呼吸を行い出来れば3分〜5分程度を目安に

 

リラックスした状態で深呼吸を行います。

 

また、普段から深呼吸を行うことにより習慣になり、あがった時に深呼吸をすると

 

リラックスした状態になれるので、通常よりあがり症を抑えることができます。

 

 

あがっている時には、精神状態が落ち着かず散漫になり、パニック状態になりやすいので

 

常日頃から深呼吸をしてリラックスする習慣をつけて、あがってしまった時にでも深呼吸をすれば

 

リラックスして精神が落ち着かせられる様にしておくと万が一の時にでも安心することができます。

 

 

プロスポーツ選手なども大切な場面の時などには、深呼吸をしてからプレーを行ったりしているので

 

深呼吸は精神を安定させ集中力も高めてくれるのでおすすめです。

 

 

あがり症克服について

 

あがり症の原因

 

一般的にあがり症の原因を考えてみると

 

その多くは、まだ起きていない事への不安が大きくなり、ネガティブな思考によって

 

もたらせる事がほとんどです。

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがり症克服の心得

 

あがり症になってしまうと、ほとんどの場合周り(他人)のことを気にしたり、

 

いつも以上に自分を良く見せようとか、なんとか絶対に成功させようとか考え

 

無理に余計なプレッシャーをかけてしまい、逆にどんどんあがってしまう原因を作りだしてしまいます。

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがり症克服するには

 

あがり症を克服するには、ほとんどの場合思考を変える必要があります。

 

一般的に、あがり症ではネガティブ思考になってしまい

 

自分を制御する為に、『あがってはいけない』『あがらずに落ち着いてやろう』

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがり症の自分を見る

 

あがり症の自分を見るというのは、あがっている自分を客観視するという事になります。

 

あがっている自分を客観視することで、冷静になる事が出来てさらに自分自身を観察することができます。

 

大抵の場合、あがっている状況では普段通りの行動や態度になっていません。

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがり症を抑える

 

一般的にあがり症を抑える方法の代表的なものとして

 

深呼吸があげられます。

 

ただ、深呼吸といっても息を吐いたり・吸ったりなど普段のように

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがり症対策の準備

 

あがり症対策の準備として大切なことは、あがりたくない状況(場面)に向けての準備が大切になります。

 

例えば、あなたのあがりたくない状況(場面)がスピーチの場合には、その状況(場面)に向けての準備は

 

>>>続きを読む・・・・・

 

イメージ力をつける

 

あがり症を克服するのに役立つ方法として、イメージトレーニングが挙げられます。

 

イメージトレーニングは、普段から簡単にできるのでおすすめ致します。

 

プロスポーツ選手などもイメージトレーニングを行い、常に最高のパフォーマンスが出来るように

 

>>>続きを読む・・・・・

 

習慣をつける

 

あがり症克服に向けて、あがり症対策をする物事において日々習慣つけて行うことが大切になります。

 

たとえば、あがり症克服に向けてのイメージトレーニング方法や、深呼吸・あがりたくない状況(場面)に

 

向けての準備など、普段からあがらない為に習慣付けて行うことで、

 

>>>続きを読む・・・・・

 

あがりに良い食事

 

あがり症に良い食事として、セトロニンの原料となるトリプトファンやたんぱく質を多くとることで

 

あがりにくい体質をつくることができます。

 

あがりにくい人は、脳内の神経伝達物質の「セロトニン」という成分が多く分泌されています。

 

>>>続きを読む・・・・・

 

柔軟・ストレッチ

 

あがり症克服する対策として柔軟・ストレッチは欠かせません。

 

また、柔軟・ストレッチは緊張をほぐし、リラックスする効果もあるのでおすすめです。

 

まず口元をほぐすストレッチ法は、代表的なものは『あ・い・う・え・お』など、五十音順に

 

>>>続きを読む・・・・・

 

発声練習

 

あがり症の人で、声・発声について悩んでいる方も多くいます。

 

実際にあがり症の人が人前で話した時に、声・発声について悩むことの多くは

 

>>>続きを読む・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP